About(横田尚哉プロフィール)

株式会社ファンクショナル・アプローチ研究所、代表取締役社長。

大手コンサルタント会社、本社部長から単身独立。 世界最大の企業・GE(ゼネラル・エレクトリック)の改善手法をアレンジして10年間で総額1兆円分の公共事業の改善に乗り出し、コスト縮減総額2000億円を実現させた実績を持つ、業界屈指のコンサルタント。

たった3年で同改善手法「バリュー・エンジニアリング」を日本の50%以上の地域に普及させた功績により、橋梁新聞社からブリッジマン・オブ・ザ・イヤー・2006を受賞。 ダイナミックな問題解決手法を駆使し短期間で数億円から数十億円の工事費を浮かせる実績が評判を呼び、全国から問い合わせが殺到。コンサルティングサービスは約6ヶ月待ちとなっている。

技術士(国家資格)やCVS(国際バリュースペシャリスト)などの資格を多数有し、早稲田大学・大学院で非常勤講師、講演や研修など、教育・普及活動にも熱心に行っている。 著書に『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ』(ディスカバー)、『問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門』(ディスカバー)、『ビジネススキル・イノベーション』(プレジデント)、 『第三世代の経営力』 (致知出版社)、『問題解決で面白いほど仕事がはかどる本』 (あさ出版)など。

 

資格

 

受賞歴

  • 2006年「ブリッジマン・オブ・ザ・イヤー2006」(橋梁新聞社)
  • 2008年「普及功労賞」(日本技術士会・企業内技術士交流会)
  • 2009年「VE活動優秀賞」(日本VE協会、業界初の受賞)
  • 2010年「普及功労賞」(日本VE協会)
  • 2014年「Rising Star Award 2013」(SAVE International、日本初の受賞)
  • 2017年「Jimmie Carter Distinguished Service Award for Management 2017」(「経営功労賞」、SAVE International、日本初の受賞)
  • 2017年「Paper of the Year Award 2017」(「ペーパーオブ・ザ・イヤー賞」、SAVE International)
  • 2019年「College of  Fellow Award」(SAVE International、日本人コンサルタント初の受賞)

 

著作物

 

メディア実績

 

CD・DVD

 

セミナー

  • 企業、学会、協会、大学などへの出張セミナー多数

 

横田尚哉の関連リンク