My Fellow News on SAVE International

2019年6月にアメリカの国際協会「SAVE International®」より授与された「Fellow Award 2019」に関して、本家のウェブサイトで公式ニュースとして世界に発信していただきました(≫more)

▍フェロー賞とは

アメリカ全土だけでなく、世界的に影響力をもつサイトに、私のフェロー賞授与の記事がこのように大々的に発信していただけることは、とても光栄なことです。

これまで 、日本人コンサルタントとして誰もなし得なかった「College of Fellow」(2019年現在、世界中に76名)の一員として、このように迎えていただけることは、とても幸せであり、有り難いことです。

どのような文章で紹介していただいたか、日本語に訳しましたので、ぜひお読みください(読みやすいように多少意訳しております)。そして、念のために英語の原文を、最後に添えておきます。

▍紹介文章(日本語訳)

カレッジ・オブ・フェローは、日本の横田尚哉氏をSAVE Internationalのフェローに選出しました。彼は、2019年6月にポートランドにて開催された「バリュー・サミット2019」の授賞式で表彰されました。以下に、彼のこれまでの経験とValue Methodology(VM)への貢献を紹介します。

横田尚哉氏は、1997年にVMを初めて知りました。横田尚哉氏は、創造的な思考に対して効果的な手法であることを、早い段階から認識していました。彼のVMは、改善と改革に必要な技術を提供しました。

この経験から彼は、VMを日本のすべての公共事業に適用しようとし、政府機関に対して働きかけました。そして、すべての公共事業プロジェクトにVMを適用するシステムの確立に成功しました。また彼は、業界初の専門組織を設立し、業界全体に影響を与え、公共事業のさまざまな問題を​​真剣に解決しました。この努力により、彼は日本の有名なテレビのドキュメンタリー番組(情熱大陸)で紹介されました。彼の活動は、日本全国に広く認められ、テレビ番組・書籍・雑誌・ラジオ番組から問い合わせが殺到しました。

彼は、製造業や建設業だけでなく、すべてのビジネス分野にVMを適用すべきだと確信しました。すべての企業の発展・拡大のための決め手として、彼はファンクショナル・アプローチ研究所」(≫more)を設立しました。そして、日本で最も有名なイタリアのレストラン・チェーンである彼のクライアントの1つが、2018年10月に公益社団法人日本VE協会(SJVE)からマイルズ賞を受賞しました。

彼は、2003年から毎年SAVEバリュー・サミットに参加し、技術論文を発表しています。また、ヨーロッパおよびアジアの大会にも熱心に参加し、世界中のVMの専門知識の橋渡しをしています。

彼は、大学や彼自身が設立したアカデミーを通じて、この方法論をまだ知らない人々にVMを教えました。彼は、教育を続けることにためらいなく専念している人です。これらの理由により、彼は、2008年に公益社団法人日本技術士会から、2010年にSJVEから普及功労賞を受賞しました。そして、2017年にSAVEからPaper of the Year賞とJimieie Carter Distinguished Service賞を受賞しました (≫more)

多くのSAVEメンバーは、彼が、多くの驚くべき成果と能力をもっていることを知っています。もちろん、サービス業界におけるVM開発の専門知識もです。そのことから、彼は、「VM Body of Knowledge」のメンバーに選ばれ、経験と知識をSAVEに提供しています。

横田氏は、現在および将来に向けてVMを推進する意欲がある人物であることを特筆したいと思います。

新しいSAVEフェローに、横田尚哉氏を歓迎します!

▍紹介文章(原文)

The College of Fellows elected Hisaya Yokota from Japan as the newest fellow of SAVE International. He was recognized at the 2019 Value Summit awards ceremony in Portland, OR this past June. Following is a summary of his experience and contributions to the Value Methodology (VM).

Hisaya Yokota first came to know the VM in 1997. This first-hand experience of its effects on creative thinking was recognized early on by Hisaya. VM offered the necessary techniques for improvement and reform.

From this experience, he tried to apply VM to all public works in Japan and worked within government agencies. He succeeded in establishing a system that applies VM to all public works projects. He set up the industry’s first specialized organization, affecting the entire industry and solving the problems of public works in earnest. Because of this effort, he was featured on a famous Japanese television documentary program. His activities were widely recognized throughout Japan and he received numerous inquiries from radio programs, books, magazines, as well as television programs.

He became convinced that the VM should be applied to all businesses, not just to manufacturing and construction. With deciding to expand variations and methodologies for all companies, he established the Functional Approach Institute. One of his clients, an Italian restaurant chain, which is one of the most famous in Japan, was selected to receive the Miles Award from the Society of Japan Value Engineering (SJVE) in October 2018.

He has participated and presented technical papers at SAVE Value Summits every year since 2003. He has also been an enthusiastic participant in the European and Asian Conferences, bridging the expertise of value methodologies around the world.

He is constantly teaching VM to people that still do not know this methodology via the universities and his own private academy. He is a person who is committed to continuing education without hesitation. For these reasons, he received the Spreading Achievement Award from the Japan Society of Professional Engineers in 2008 and from SJVE in 2010. He received the Paper of the Year Award and the Jimmie Carter Distinguished Service Award in 2017 from SAVE.

Many SAVE members know that he has many amazing achievements and abilities, including his expertise of developing the VM in the service area. Thus, he was selected to be a member of the VM Body of Knowledge, and he offers his experience and knowledge to SAVE.

It is important to note that Yokota-san has a strong willingness to promote the VM now and into the future.

We welcome our newest SAVE Fellow, Hisaya Yokota!

[ssba]