誕生日に「経営功労賞」と「最優秀論文賞」をダブル受賞!

この度、米国SAVE国際協会から、『ジミー・カーター経営功労賞 2017』(Jimmie Carter Distinguished Service Award for Management 2017)と、『ペーパー・オブ・ザ・イヤー賞2017』(Paper of the Year Award 2017)を、ダブルで受賞しました!

参加中のファンクショナル・アプローチの世界大会『バリュー・サミット2017』のアワード・バンケットで頂きました。

8月30日は私が生まれた日。最高の誕生日になりました!

左がキャシー・ベサニー会長、右がメリアン・ルイス前会長

▍ジミー・カーター経営功労賞とは

経営コンサルタントとして卓越したサービスを提供した人に送られる賞で、元SAVE国際協会会長で優秀な経営コンサルタントであったジミー・カーター氏に因んだ賞です。

ジミー・カーター氏は、クーパー・インダストリー社で経営コンサルタントとして働き、その後コンサルタントとして多くの専門家から高く尊敬されるプロフェッショナルでした。

過去に5名が受賞しています。私が、世界で6番目の受賞者ということになります。もちろん、日本人として初の受賞となりました。

▍経営コンサルタントとして

私は、「30年後の子どもたちのため 輝く未来を遺すため」のミッションに向かって、自分にできるコトに集中してまいりました。

SAVE国際協会という、70年に渡る歴史あるファンクショナル・アプローチの、数多くの専門家がいる中で、2017年の「ジミー・カーター経営功労賞」を受賞できたことは、この上のなき光栄なことです。

これまで、多くの知識と経験を提供し意見交換に時間を割いてくれた指導者たち、私のやりたいコトを理解し協力してくれた上司や部下たち、そして、自分の能力を発揮する機会を与えて頂いた数々のクライアントに、ここに心より感謝申し上げます。

左が「最優秀論文賞」、右が「経営功労賞」

▍ペーパー・オブ・ザ・イヤー賞とは

SAVE国際協会を通じて発表された、ファンクショナル・アプローチに関する世界中の技術論文、事例発表、研究論文の中から、その年を代表する卓越した最優秀論文、1編に与えられる賞です。

その論文のコンセプト、アイデア、革新、創造的な提案や成果を、ファンクショナル・アプローチ(バリュー・メソドロジー)の今後の手本として、公文書化し後世に遺していくために設立された賞です。

受賞のポイントはコトへの適用

論文のタイトルは、「VEを使った『コト』の分析と3つの事例」(VE Analyses of Koto through Three Case Studies)です。

製造業や建設業の業界で発展したVEは、「モノ」の分析の方法と事例はたくさんあるのです。この論文では、「コト」の分析に必要な考え方とテクニック、そして実際に適用した時の事例を3つまとめました。

審査委員からは、「論文の中で書かれている事例は、これまで誰一人として分析したことのない、とてもユニークで、とても新しい内容だった」と評していただきました。

全ての産業にファンクショナル・アプローチを

ファンクショナル・アプローチで扱うことのできるテーマは、モノやコト(カタチ)です。ビジネスで言えば、製品やサービスです。つまり、ビジネスや日常の全てが対象になり得ます。

問題を解決し、時代を乗り越えていくためには、創造性思考が必要です。今の時代、思考の轍(わだち)にハマっていると、取り残されてしまいます。全ての産業で、ファンクショナル・アプローチを使っていくべきだと思います。

私は、これからも研究を続け、新しい業界に挑戦し、求める企業と個人に、このマインドとテクニックを伝えていきます。一緒にイノベーションを起こしていきましょう!

ちょうど、9月16日から開催する『第19回ファンクショナル・アプローチ基礎研修』を募集中です。

 

アワード・バンケットで撮った写真

 

 

[ssba]