生放送をお見逃しなく。Schooに登壇します

2019年7月19日の21時から、Schoo(スクー)で生放送の授業を担当します。 授業の内容と登録(無料)は、こちらです(≫more) ▍Schooとは 「Schoo」とは、“大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ”です。 2,500人以上の先生が登録されていて、毎日、誰かが生放送で授業をしています。プレミアム会員になると過去のアーカイブ(6,000以上)(もっと読む)▸

VMF2に参加してきました

SAVE Value Summit 2019 が終わったあと、すぐに帰らず、4日間のポスト・サミットに参加していました。 メインのサミットは2日間なのですが、世界中から専門家が集まる貴重な機会なので、サミットの前後でいろんなセミナーが開催されていたのです。 今回は、プレ・サミットに参加し、ポスト・サミットに参加し、長期間の滞在となりました。 【関連記事】Pre-Summit W(もっと読む)▸

フェローの称号を授与されました

2019年6月11日、SAVE International から「Fellow」の称号を授与され、同時に『College of Fellow 』(世界に75人)の一員になることが認められました。 70年以上の歴史のあるメソドロジーの担い手として、このような名誉を頂けることは、非常に光栄なことです。 【関連記事】Pre-Summit Workshops in SAVE Conferen(もっと読む)▸

SAVE Value Summit 2019

2019年6月10~11日は、『SAVE Value Summit 2019』です。アメリカ・オレゴン州ポートランド市で開催されました。 前回は、大会前の「プレ・サミット」の様子をレポート(≫more)しました。今回は、メインである本大会の様子をレポートしたいと思います。 【関連記事】Pre-Summit Workshops in SAVE Conference 2019( 2019(もっと読む)▸

Pre-Summit Workshops in SAVE Conference 2019

2019年6月10日と11日は、アメリカ・オレゴン州ポートランドで、年に一度のファンクショナル・アプローチの国際会議、『Value Summit 2019』が開催されます。 2019年6月8日と9日には 『Pre-Summit Workshops』として、専門家たちによるセミナーが開催されているのです。 折角の機会ですので、プレ・サミットに参加してきました。 【関連記事】SA(もっと読む)▸

FA研究所は次のステージに

ファンクショナル・アプローチ研究所(FA研究所)は、これからの新たな展開のために、2019年5月より次のステージに向かうことになりました。 ▍誰のため?何のため? 次のステージに向かうのは、30年後の子どもたちのため、輝く未来を遺すため(»more)です。 2019年は、FA研究所の第10期にあたる年であり、令和に改元された年であり、団塊の世代が70歳代になる年であり、(もっと読む)▸

人の一生、一千ヶ月

人の一生は、約1,000ヶ月です。そんなふうに考えたことありますか? 1ヶ月は、一生の長さの0.1%だということを。 ▍一生の長さ 生まれてから死ぬまでの長さは、人それぞれです。 人生100年時代と言われていますが、平均83~84歳とすると約1,000ヶ月となります。 つまり、1ヶ月で0.1%、10ヶ月で1%です。 気になるが、このペースで自分が成長で(もっと読む)▸

1日10分100個

1日は、長いのでしょうか、短いのでしょうか? 人それぞれで、感じ方は違いますが、「10分」というまとまりで数えると、1日に「10分」は100個しかないのです。 ▍「10分」とは 最近、いろんな人の仕事のやり方や生活の仕方を見ていると、1つのタスクがとても短くなってきたと思います。 何かをしていても、10分後には別のことをしているのではないでしょうか? そこで(もっと読む)▸

無知と不知と既知と未知の違い

「知」を含む4つの熟語があります。「無知」「未知」「既知」「不知」です。それぞれどんな意味なのか、そして、どう使い分ければ良いのでしょうか。 いろんな解釈があるかもしれませんが、横田の捉えている違いを、ファンクショナルに整理してみました。 ▍ファンクショナルとは 「ファンクショナル・アプローチ」(» more)は、モノやコトを名称で捉えるのではなく、そのファンクション((もっと読む)▸

論文入選!アメリカで発表してきます

2019年6月にアメリカで開催される予定の国際カンファレンス『Value Summit 2019』に、投稿していた研究論文が入選しました。 ▍今年で入選 15 回目 毎年、その1年間の集大成として研究論文を執筆し、投稿してきました。初めて投稿したのは2005年の大会です。それから数えること15編となりました。 2005年から2019年まで、連続15回の入選、全て入選して(もっと読む)▸

ファンクショナルアプローチ公式サイト

ファンクショナルアプローチ公式ストア

FA ONLINE

個別コンサルティング

ファミリー会員

誰のため?何のため?ASSOCIATION