2冊同時に重版です!

『ワンランク上の問題解決の技術 《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ』(ディスカヴァー・トゥエンティワン・刊)と、『問題解決のためのファンクショナル・アプローチ入門』(同・刊)が揃って重版となりました。 いまだに読者が増え続けていることは、著者冥利です。ありがとうございます。 10年愛される著者を志し、これまで私は5冊の書籍を出版してきました。これを機に初心を振り返(もっと読む)▸

次回作、いよいよ佳境に

次回作は、久しぶりに「ファンクショナル・アプローチ」直球の書籍です。 いよいよ仕上げ段階に入ってきました。乞うご期待です! 「問題解決」関連の書籍は、ホントたくさんありますね。毎日新刊がでているような状態です。結局、問題解決に悩むビジネスパーソンが多いことと、書籍だけでは身についていないということです。 その理由は、とても明白です。 「過去の再現化」を繰り返すようなやり方で問題を解決し(もっと読む)▸

ベストセラーズチャンネル懐かしく視聴(動画)

つい先日、知人がツイッターに「本日の再読本」として投稿してくれていたので、懐かしくなり、2012年12月の記事を掘り起こしました。2012年12月8日に地上波ラジオに出演した、『ビジネススキル・イノベーション』のインタビューは、いまでも公開しているのですね。出演したのは、『ベストセラーズチャンネル』と言う番組です。この番組は、ベストセラーとなった書籍とその著者を中心に、インタビュー形式で行われてお(もっと読む)▸

テレビ東京『ニュースモーニングサテライト』

4月12日(水)のテレビ東京の報道番組『ニュースモーニングサテライト』で、拙著『第三世代の経営力』が紹介されました。紹介されたのは、番組の中の「リーダーの栞(しおり)」というコーナーです。このコーナーは、各界を代表するビジネスリーダーが強く影響をうけたビジネス書を紹介するものです。『第三世代の経営力』を紹介していただいたのは、アース製薬の川端克宣社長です。川端社長は、42歳でアース製薬の社長に大抜(もっと読む)▸

今の時代にふさわしい姿に進化に(動画)

2015年という1年が過ぎ去ろうとしています。今年1年、どれだけ進化しましたか?2014年と2015年の世の中が違っていたように、企業も個人も変わっていなければならないはずです。大した進化をせず、例年通りの1年であったのなら、時代と大きなギャップができているかもしれません。2016年は、間違いなく2015年と異なる環境になります。時代遅れにならないためには、日々、進化の努力をしていくことです。私は(もっと読む)▸

会社が進化し続けるための4つの柱 ~風土づくり~

継続的に進化していくためには、仕組みをフル回転する風土をつくる必要があります。仕組みができても、関係者が拒絶するものであっては、空回りするだけです。関係者も協力し、応援し、支援するような風土が必要です。風土があるから、人材が育ち、組織が受け入れられ、仕組みが回るのです。いろいろな組織に進化のスキルを定着させてきておりますが、最初はどうしても既存の風土が進化を拒絶する反応を示します。これは、当然の反(もっと読む)▸

時代は変わった!経営は変わったか?

第一世代は遠い昔のビジネスモデルを、第二世代のシステムで、第三世代を乗り切ろうとしていないでしょうか。老舗企業が、次々破綻していくニュースを聞くと悲しくなります。過去のシガラミに惑わされたり、誰かのコダワリを気にしたり、将来へのオモイコミに囚われたりしていないでしょうか。時代は変わりました。私たちは、いま、異なる環境にいます。もとの環境に戻ることはありません。いくら待っていても、戻りません。今だか(もっと読む)▸

進化できる企業、進化できない企業の違い

人間関係が良く、組織関係の良好な企業は、進化できません。これまでのような進化の芽を摘むような企業ではないのですが、仲が良すぎるのも問題です。より良い姿を探し求めるというよりも、周りとの関係性を保つことを重視してしまう企業です。人間関係が良好であることは、いい風土があってよいことです。人間関係を悪くしろと言っているのではありません。本来、組織が有機的に機能するためには、個々の経験と知識を相互に作用さ(もっと読む)▸

いよいよ書店で発売開始

リアル書店では、11月25日頃から、関東の主要書店から並び始めているようです。丸善丸の内店さんと日本橋店さんを訪問したところ、ちょうど届いたところでした。さっそく、ポップを書かせて頂きました。写真は、丸善丸の内店さんです。まだ、全ての書店というわけにはいかないようですが、大型店を中心に並び始めると思います。お急ぎの方は、ネット書店(Amazon、または、致知出版社オンラインショップ)をご利用いただ(もっと読む)▸

人材管理を徹底している企業は、進化できない

『第三世代の経営力』(横田尚哉・著、致知出版社・刊)からの抜粋です。 人材管理を徹底している企業は、進化できません。簡単に言えば、従業員の行動管理を徹底している企業です。労務管理だけでなく、従業員の行動の全てを管理、コントロールしようとする企業です。当然のことながら、企業にとって労務管理は、当たり前のことであり、従業員の労働負荷の状況や健康管理の上では、徹底するのが義務でもあります労務管(もっと読む)▸
[ssba]