経験はごまかせない

「知識と経験」は、よくひとまとめにされ、慣用句として使われています。

昔から言われているわけですが、ネット社会となったこれからの時代では、違います。

いわば、「時代は変わった!スキルは変わったか?」です。

これからは、「経験」がものいう時代です。経験が、スキルの差となります。知っていることは、すごいことではないということです。できるかどうかです。

問題解決の方法を知っているだけでは、問題解決はできません。『言うは易し、行うは難し』です。

それは、バク転のやり方を知っているというのに近いです。どこかで知った知識で、バク転の原理やコツを披露することは簡単です。しかし、実際にやったことがないと、間違いなく怪我します。

知識というものは、多少の記憶力とその場の適応力があれば、ごまかせます。イザとなればネットで検索すればいいし、専門家から知識を調達することもできます。

経験というものは、それができないのです。すぐにバレることでしょう。付け焼き刃で練習したところで、痛い目にあうだけです。

このブログでもよく書くテーマですが、私がファンクショナル・アプローチを教えるときに、とても重視していることです。

例えば、FASTダイアグラムを作るとすぐにわかります。普段から

 

 

[ssba]