新しい世界標準とは何か。そして日本で唯一の学べる場所とは

ファンクショナル・アプローチは、2020年6月から新基準に変わっています。

2008年7月に、ファンクショナル・アプローチを公開してから12年が経ちます。その間、多くの企業や個人の方々に学んでいただきました。

基本的な原理は変わりませんが、世界標準が新しくなったの同時に、用語や手順が変更になっています。

▍新・世界標準とは

2020年6月に変わった「新・世界標準」とは、ファンクショナル・アプローチの国際協会である「SAVE International」(米国社団SAVE国際協会)が出版した『VM Guide』に掲載されている内容です。

VM Guide は、70年以上もの間、世界中で適用されてきたファンクショナル・アプローチを、地球規模でとりまとめ、これからの時代により適用しやすくするために出版されました(more ≫

執筆者は、北中米・欧州・アジアから、知識も経験も豊富な専門家ら、8人が選ばれました。横田尚哉は、その1人です。

「VM」とは、Value Methodology の略で、ファンクショナル・アプローチを使った方法論の総称です。ファンクショナル・アプローチ研究所では、原理の名称のまま「FA」と呼んでいます。

▍重大な変更点

70年の歴史の中で、大きな変更がありました。それは、実施手順です。これまでは、6つのフェーズでしたが、それが8つのフェーズに拡大しました。

拡大した背景に、取り扱う対象が単純・小規模なモノから複雑・大規模なモノに広がってきたことが挙げられます。これまでのような提案だけでは、確実に成果を得ることが難しくなってきたのです。

今後、さまざまな業界に普及するためには、一部分ではなくプロジェクト全体を担う方法論に進化する必要があるのです。

したがって、新しい実施手順に従うのなら、高度なマネジメント・スキルが要求されるということです。

ファンクショナル・アプローチは、問題解決、業務改善、新事業開発、そして、ビジネス・イノベーションなど、あらゆる産業のあらゆる活動を対象に出来ます。これで、ますます展開しやすくなりました。

さらに、用語も見直されました。製造業や建設業を中心に発展してきた経緯があり、用語が一部の業界に偏っているところがありました。

いまでは、サービス業をはじめ、あらゆる産業に適用が可能です。全産業に理解しやすいように、一部の産業向けの用語から一般的な用語に変える必要があったのです。

▍新・世界標準を学ぶ手段

新・世界標準への変更に合わせて、ファンクショナル・アプローチ研究所では、2020年6月に『FABIC』を設立(more ≫)し、新・世界標準での教育をはじめました。

ハイスキル人材のために豊富なカリキュラムを提供しております。FAスキル習得コースでは、FA入門研修、FA基礎研修、FA応用研修と段階的に組まれており、その全てが、新・世界標準に準じた内容になっています。

ビジネスエリートコースでは、高度なマネジメント・スキルを身につけていただくことが出来ます。

その他にも、研究者向け、経営者向けなど、充実したカリキュラムを是非一度、ご覧ください(more ≫

FABICには、FAアカデミー(2008年~2020年)で学んでいただいた方々にも、入会していただいています。この機会に入会し、引き続きファンクショナル・アプローチを活かしてください(入会費や年会費なし more ≫

そして、来る2021年11月25日には、「FAマスター」と「FAトレーナ」の有資格者を対象に、新・世界標準にアップデートしていただくための『FAナレッジ更新研修』を無料開催いたします。ただ今募集中です(more ≫

現在、新・世界標準が学べるのはFABICだけです。しかも、講師は VM Guide の執筆者です。ぜひ質の高いスキルを身につけて、これからの新しい時代に相応しいハイスキル人材としてご活躍ください。

 

[ssba]