ベアーズ様からも推薦文

先週に引き続き、なんと株式会社ベアーズ取締役副社長、高橋ゆき様からも、推薦文を頂きました。

▍「毎日が ”Best of my life!” そうなるにはこの講話を聞いてほしい」

日本の家事代行サービスのパイオニアであり、業界の先頭を走り続けている「ベアーズ」(more »)の運営会社、株式会社ベアーズの取締役副社長の高橋ゆき様から、次のような推薦文を頂きました。

人生にはチャレンジが必要です。常にチャレンジして、Bestを尽くすからこそ、最良の人生が送れます。
この講話では、人生において、仕事で志をなすこと“志事”において、大切な目的に向けて行動できる秘訣が話されています。
私も家事代行という産業を作っていくには、まさに誰もしたことのない暗闇の中、先入観や固定観念を取り払い、自分がこうすれば良くなる!を常に創ってきました。横田尚哉さんの考え方が広く伝われば、志を全ての人がやり遂げられるのではないかと思っています。
(日本経営合理化協会サイトより)

新しい産業を創る

家事代行や家政婦というサービスは、これまでなかったわけではありません。昔からある産業であり、どちらかというと、富裕層が雇うメイドという印象が強かったのではないでしょうか。

しかし、女性の社会進出、共働き世帯の増加により、社会は変わっていきました。高橋さんは女性が泣いている日本社会をなんとかしたいと思われ、1999年に「ベアーズ」を設立されたのです。そして、産業化に成功され、今では誰もが知るリーディングカンパニーに成長されました。

その活動は、『カンブリア宮殿』『ZIP!』『ワールドビジネスサテライト』などのメディアに、多数取り上げられています。2016年のTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(逃げ恥)では、高橋ゆきさんが主演の新垣結衣さんに直接、家事指導をされました。

高橋ゆきさんのお掃除豆知識(TBS「逃げるは恥だが役に立つ」番組HP)

▍「常にチャレンジし、志を成す」

高橋ゆきさんとは、10年くらいの付き合いになるでしょうか。仕事を通して志を成すから「志事」なのだとよくおっしゃられています。志事と捉えるから、「誰もしたことのない暗闇の中」を「常にチャレンジ」することができたのだと思います。

そんな起業家、高橋ゆきさんから、魂のこもった力強い推薦文をいただきました。たいへん光栄です。

今、志を持ち、チャレンジしようとされている全ての経営者の方々に、この講話CDをお聴きいただきたいと思います。先入観や固定観念を取り除いて、それぞれの志を成して頂きたいと思います。

※ 詳細、サンプル音声、ご購入(特別割引価格)はこちら(more »)

 

[ssba]