迫力があります!見本が届きました

日本経営合理化協会から5枚組CDの商品ができあがりました。見本が会社に届きました。

※ サンプル音声、詳細、ご購入(特別割引価格)はこちら(more »)

▍「儲かる」とは

『儲かる会社を作る技法』というタイトルと、それに合わせたバッケージのデザインが迫力ありすぎです(汗)

カネの亡者のような印象があるかもしれませんが、そうではありませんからね(笑)

俗説ではありますが「儲」という字は「信ずる者」からできていると言われます。その会社のやってることを信ずる者ができて、儲けにつながるという解釈です。

ファンクショナル・アプローチには、3つの原理があります。

  • User First(ユーザー視点)
  • Functional Thinking(ファンクショナル思考)
  • Future Oriented(未来志向)

「誰のため?」「何のため?」から考えてビジネスを改善していけば、結果として、「儲かる会社」になっているということです。

▍サンプル音声とご購入方法

今回の収録は、録音ブースに入って行いました。プロの機材とプロの編集により高品質な音源となっています。サンプロ音声がございますので、お聴きいただければその品質の良さがおわかりいただけると思います。

録音ブースの中は、私一人なので、マイクに向かって淡々と話しています。人前で話すのとは、少し違う雰囲気の横田尚哉もいいかなと思っています。いかがでしょうか。

サンプル音声とご購入は、専用サイトから行ってください。特別割引価格を設定していただいています。

※ サンプル音声、詳細、ご購入(特別割引価格)はこちら(more »)

 

 

[ssba]