Value Summit 2020 入選論文

2020年6月にアメリカ・ルイジアナ州のニューオーリンズで開催されるファンクショナル・アプローチの年次世界大会「Value Summit 2020」に、横田尚哉の論文が採用されました。

▍今年も記録更新!論文連続入選16回目

初めて論文を投稿したのが2005年です。その年から毎年論文を投稿し続けてきました。16年連続投稿、16回連続入選となります。ファンクショナル・アプローチをひたすら研究し続けてきた証です。

論文は、新規ビジネスへの投資にファンクショナル・アプローチを活用する実践的な事例です。

タイトルは、『New Three Techniques for New Store Opening and New Business Investment』(新店舗出店と新ビジネス投資のための3つの新テクニック)です。

この論文は、経営環境の変化の激しい時代に、新しく出店したり、ビジネス投資する場面で、たいへん役立つテクニックです。

▍サービス業界のセッションが新設

私は 2010年から 、ファンクショナル・アプローチをサービス業に展開するべく、 活動を続けてきました。そして、賛同していただける企業や仲間が少しずつ増え、事例と研究成果も積み重なってきました。

なんと今年は、サービス業界から7編の論文が採用され、サービス業のセッションが2枠も新設されました。

世界中からエントリーされた論文の中で、入選した論文は全59編でして。その内訳は、製造業が40編、建設業が12編、そしてサービス業が7編です。 サービス業に至っては、全体の12%を占めるまでになりました。

▍ルイジアナ州ニューオーリンズで開催

Value Summit 2020」は、アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズで開催されます。ニューオリンズは、ミシシッピー側がメキシコ湾に注ぐ河口にある港湾都市です。古くからミシシッピ川流域の農産物の輸出港として発展しました。

かつてのスペイン領、フランス領を経て、現在にいたり、世界中の文化と人が集まってきた歴史があります。そのため飲食や音楽など、どく時の文化がうまれました。ジャズ発祥の地であり、クレオール料理、ケイジャン料理で有名な美食の町としても知られます。

そういう意味でも、世界中の専門家が集まり、技術と人が交流することに大いなる意味を感じます。

 

 

[ssba]