イノベーションへの2つのルール

もしあなたが、イノベーションを起こしたいと思っているのなら、2つのことを守ることです。それは「固定しないこと」と「否定しないこと」です。

モノもコトもヒトも、そのやり方や考え方に、固定や否定をすると成長が止まります。時代が変わっているにもかかわらず、成長が止まるということは、時代に取り残されるということです。

もう少し、詳しく解説していきます。

▍今を固定しない

今を固定しないことです。もう少し言うと、今のやり方に固執しないということです。

今のやり方は、慣れているから手放したくないものです。周りも理解しているやり方で、いつもの通りやっていれば、いつもの通りの結果が得られるわけですから、今のままで良いではないかと思うものです。

ポイントは、10年後のそのやり方かどうかを想像してみることです。いずれ変わっていくやり方であれば、どこかで変わり始める時が来るはずです。それが今かもしれないと考えてみることです。

▍未来を否定しない

未来を否定しないことです。もう少し言うと、未来に進化するための兆しを否定しないということです。

イノベーションの兆しは、否定したくなるものです。例外的な事象に感じたり、特異なデータに見えたりするものです。アイデアが出てきたとしても、無理だとか、無駄だとか否定したくなるものです。

ポイントは、いったん肯定してみることです。否定したくなる理由がなくなれば、新たな未来が拓けるかもしれないからです。それが理想の姿、あるべき姿であれば、何とか実現しようと可能性を探し始めるものです5う。

▍チャンスは溢れている

大きなチャンスも、初めは小さな兆しなのです。小さすぎるから気づかないのです。短すぎるから見落とすのです。

だから、注意しないといけないのです。見逃さないようにすることなのです。チャンスは、いつも自分の周りに溢れています。多くの人は、それに気づかないだけなのです。

 

[ssba]