努力と忍耐がスキルになる

人は、楽したいし、手を抜きたいし、安らぎたいのです。

だから、楽できるプロダクト、手を抜けるサービス、安らげるシステムがビジネスになるのです。

ただ、スキルは違います。

スキルとは、その個人が単独で獲得し、必要なときに発揮できる能力のことです。

他と連携して発揮される能力や、道具に頼らないと発揮できない能力は、スキルではありません。

スキルとは、身体的、思考的、精神的に、その当人が身につけているものです。

もし、スキルがないなら、スキルのある人と連携したり、道具の性能に頼ったりすればいいでしょう。

しかし、自分のスキルとして身に付けたいのなら、努力することです。忍耐することです。悩むことです。

  • 努力した分、人として力がつきます。
  • 忍耐した分、人として強くなります。
  • 悩んだ分、人として大きくなります。

楽ばかり追い求め、手を抜くことばかり考え、逃げてばかりだと、スキルのない、1人では何もできない人になるでしょう。

力のある人は、努力してきた人です。強い人は、忍耐してきた人です。大きい人は、悩んできた人です。

 

知恵や創造力は、スキルです。

だから、ファンクショナル・アプローチは、スキルとしてお伝えしています。ファンクショナル・アプローチを身につけた人は、努力しています。

 

[ssba]