FA研究所は次のステージに

ファンクショナル・アプローチ研究所(FA研究所)は、これからの新たな展開のために、2019年5月より次のステージに向かうことになりました。

▍誰のため?何のため?

次のステージに向かうのは、30年後の子どもたちのため、輝く未来を遺すため(»more)です。

2019年は、FA研究所の第10期にあたる年であり、令和に改元された年であり、団塊の世代が70歳代になる年であり、東京オリンピック・パラリンビックの前年です。

新しいテクノロジーとそれにともなう新しい秩序が次々でき、世の中そのものが新しい時代に向かおうとしています。

FA研究所も、次の時代にふさわしい活動ができるように、このタイミングで新しいステージに向かいます。

▍アカデミー事業の縮小

これまで個人向けに展開してきた「FAアカデミー事業」を縮小します。

FAアカデミーは、参加者のFAスキルを高めることを目的に、ファンクショナル・アプローチ(»more)の考え方とテクニックを、横田尚哉が直接伝える「研究員制度」により活動して参りました。

各業界のビジネスパーソンはもちろんのこと、大学教授、政治家、医師なども研究員として参加され、それぞれに高めたスキルを活かした活動をされています。

1期目から継続してきた事業ではありますが、もはや今のステージにおける活動の役割は終えたと判断いたしました。

▍新宿区から千代田区へ

千代田区の九段下に、FA研究所の活動の拠点を移します。

FAアカデミー事業のために独自のセミナー設備を、新宿区の副都心地区に持っておりましたが、その役割も不要となりました。

九段下は、かつて「九段屋敷」と呼ばれていた幕府の御用屋敷であった九段坂に由来するところです。その地に事務所を移せたことに、新しいステージへの使命を感じます。

その坂を上がったところが靖国神社で、向かいには皇居北の丸公園や日本武道館があり、アクセスの良いところです。

▍次のステージでお会いしましょう

新しいステージでの出会いにワクワクしています。

ファンクショナル・アプローチは、固定観念を取り除くことのできる思考システムです。創造性思考を刺激し、すばやくクリエイティブになれる方法論です。

FA研究所は、日本で唯一のファンクショナル・アプローチ専門のコンサルタントであり、横田尚哉(»more)はファンクショナル・アプローチの第一人者です。

次なるステージに向かうためにイノベーションが必要な企業と組み、企業とプロジェクトを全力で支援してまいります。

30年後の子どもたちのため 輝く未来を遺すために。

これからも、FA研究所と横田尚哉をよろしくお願いいたします。

[ssba]