2021FABICシンポジウム

すでに、エントリー期間が終わりました。

FABICは、ハイスキル人材と社会をつなげるプラットフォームです。今年もシンポジウムを開催いたします。

エントリーにお進み頂き、有難うございました。
しかし、大変申し訳ありませんが、2021FABICシンポジウムは、既にエントリー期間が終了しております。
またの機会をお待ちしております。

img01

社会・経済環境の激変、技術革新の加速が止まない現在、組織・個の「考え方」と「行動」が一層問われています。
未来のひとへ、そして未来の地球へつなげるために、私たちの行動の在り方が、いま大きく問われています。
未来のためにいま私たちにできることを、ともに考えてみませんか。みなさまのご参加をおまちしています。


▍「ひと・しごと・くらし・地球」

社会の激動とか時代の変化とか、よく言われている言葉ですが、大切なのは変わることではなく、変えることです。

受け身な姿勢で、変化に反応しているだけでは、意志を持たない変化です。私たちは、意志をもって未来の価値を創造していかなければなりません。

そのためには、価値を見い出すコト、イノベーションとの対話をするコトです。

今年のシンポジウムは、「ひと・しごと・くらし」に「地球」を加えました。この意味は、当日のシンポジウムでお確かめください。


▍海外の専門家たち

昨年のオープニング・シンポジウムでも、海外の専門家たちからメッセージを頂きました。昨年の内容はこちらにございます(more ≫)

今年は、アメリカ、カナダ、ドイツ、エジプトから協力をいただきました。いまもっともホットな専門家が、ご参加者の皆さまに向けてメッセージを届けてくれる予定です。

そして、今年はキーノート・スピーチとしても登壇していただく予定です。米国社団SAVE国際協会の現会長であるマイク・パーサル氏から、お話しいただきます。

すべてに日本語字幕がつきます。このシンポジウムで、FAの世界を覗いてみませんか?


▍今年の目玉は地球

今年は、地球という大きなテーマを扱います。

9月18〜20日に開催予定の「第26回FA基礎研修」は、隠岐ユネスコ世界ジオパークの隠岐諸島で開催(現地参加とオンライン参加のハイブリット)いたします。詳細は、こちらをご覧ください(more ≫)

今回のシンポジウムでは、隠岐諸島にちなんだ内容にしております。隠岐の文化や人々をとおして、ひと・しごと・くらし、そして地球をお伝えしたいと思います。

参加人数に限りがございます。お早めにお申し込みください。


▍シンポジウムの詳細

【名称】
2021 FABIC シンポジウム

未来の価値創造
Value Discovery, Dialogue with Innovation
ひと・しごと・くらし・地球

【対象】
FABICの会員・非会員を問わず、社会人から大学生のすべての方に参加いただけます。

FABICの個人会員登録(登録費・年会費は2020年6月20日現在0円)はこちらです(more »)

【日時】
2021年9月26日(日)13:00〜15:30

【内容】
  • オープニング
  • キーノート・スピーチ1(横田尚哉)
  • メッセージ・フロム・ザ・ワールド(世界のトップ専門家たち)
  • プロジェクト海士町(第26回FA基礎研修活動報告)
  • FABICタイム(村上紀子)
  • キーノート・スピーチ2(マイク・パーサル氏)
  • ドキュメント「地方創生は誰のため?何のため?」
  • ヴォイス(小川恵悟・FA研修受講の方々)
  • イノベーションと対話「ご参加者✕FABIC」
  • クロージング

※日本語での開催です。英語のセッションには日本語字幕がつきます。

【方法】
Zoom によるセミナー

【料金】
無料

【募集】
社会人・大学生
定員 100名

※定員に達し次第締め切り

【注意】
シンポジウムの様子を撮影いたします。弊社サイト、ソーシャルメディア(ブログ、Twitter、Facebook)などでご紹介させていただくことがございます。問題のある方は、事前に申し出てください。
また、参加者による撮影や録画は、著作権上、ご遠慮いただいています。

FABICオフィシャルサイトはこちら(more »)
FABICに関するお問い合わせはこちら(more »)

リーフレットはこちら(more »)