やるべきコトは「だから」と「でしか」

今何をするべきかというと、「今だからできるコト」と「今でしかできないコト」の2つです。

▍調子の良い時も悪い時もある

仕事も生活も、いろんなことが起こります。望んだ状況になることも、望まない状況になることもあります。

状況の良い時は、「今だからできるコト」と「今でしかできないコト」をよく考えて、それを実行することに集中するべきです。

状況の悪い時も、「今だからできるコト」と「今でしかできないコト」をよく考えて、それを実行することに集中するべきです。

つまり、状況が悪いというのは、ある意味、またとないチャンスなのです。状況を憂うことではなく、その状況下でどう行動するかが問われているのです。

▍やらなくてもいいコト

「後でもできるコト」と「後でしかできないコト」に、今という貴重なリソースを費やす必要はありません。

過去は単なる思い出にすぎません。考えたところで、過去の事実が覆ることはありません。

未来は単なる想像にすぎません。考えたところで、それが実現するとは限りません。

集中すべきは、現在(今)です。今だれと会うべきか、今なにを考えるべきか、今なにをするべきかです。

▍あなたの今を当てはめてください

あなたは、今どのような状況ですか?

若い? だったら「若い今だからできるコト」と「若い今でしかできないコト」を考えましょう。

引っ越す? だったら「引っ越す今だからできるコト」と「引っ越す今でしかできないコト」を考えましょう。

ミスした? だったら「ミスした今だからできるコト」と「ミスした今でしかできないコト」を考えましょう。

開催中止になった? だったら「開催中止になった今だからできるコト」と「開催中止になった今でしかできないコト」を考えましょう。

この2つは、どんな時でも使えます。やるべきコトに迷ったときは、この2つを思い出してください。

 

[ssba]