【FAって何⑤】ファンクショナル・アプローチの手順

ファンクショナル・アプローチの効果を最大限に引き出すための手順があります。

それは、ローレンス・D・マイルズ氏の言う「ブラスト―クリエイト―リファイン」(Blast-Create-Refine)の考え方です。

対象テーマを、粉々にして考え、創造し、洗練するという意味です。

実際には、「分析」→「評価」→「創造」という3つの段階に整理できます。

解決できない問題に直面した時は、すぐに解決策を探そうとするのではなく、徹底的に分析することです。先入観や固定観念から逃れることが大切です。

そして、過去の事例や他社の事例を再現することで解決しようとするのではなく、創造により解決策を生み出すことに挑戦することが重要です。

最後に、欠点がないか、利点が活かされているかを、とことん磨き上げ、練り上げ、コシの強い代替案に仕上げるのです。

実際には、いくつもの詳細なステップがあり、対象テーマに応じて、それぞれにツールを使い分けていきます。

ファンクショナル・アプローチの専門家は、いくつものツールの使い分けができ、対象テーマに応じて適切な選定と実行ができるのです。

 

スライド25

 

【FAって何④】ローレンス・D・マイルズ氏 ←

→ 【FAって何⑥】機能本位とは

 

[ssba]